更年期のうつを考える

女性の身体は、年齢とともに大きく変化していきます。
女性には生理があり、その有無や周期によって体調や精神面が大きな変化をするのです。
12歳前後で初潮が始まって、40代後半まで生理があるのが普通です。
生理周期によって、身体のホルモンバランスが変化するので、生理を中心として一ヶ月の間で体調も精神状態も波があるのです。

特に、その影響が最も大きく現れるのが閉経の前後です。
閉経、つまり生理が終わる前後の数年間で、女性の身体は大きな変化を迎えます。
そして、その影響として更年期障害になる人が多いのです。
更年期障害とは、閉経前後の40代後半から50代の女性が陥りやすい症状の総称です。
人によって程度に差はありますが、多くの更年期の女性が身体に変化を感じます。

その症状は人によって様々ですが、一般的に多いのは「ほてり」「動悸」「イライラ」「頭痛」「不眠」「不安感」などです。
こういった症状が深刻化して、うつ病になってしまう人さえいます。
うつ病は現代人にとても多い病気です。
若い人でもうつ病になる人はたくさんいますが、更年期の女性にもうつ病は多いのです。
更年期の症状が深刻化してうつ病に発展するというのがほとんどです。

更年期を明るく健康に過ごすためには、更年期にさしかかる前からの予防が大切です。
また、いざかかってしまったら、病院に行ったり漢方薬やサプリメントを利用して改善のための対策を行いましょう。

おすすめサイト

そろそろあなたにも冷え性やイライラなどの更年期の症状が出てきたらサプリメントに頼っていきましょう!周りの人に当たったりする前に飲むことをオススメします!
知らず知らずのうちにどんどん進行していくうつ病は症状を把握して早期治療を始めることが大切なんです。専門サイトでうつ病のこと、調べてみませんか?

Calendar

2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930